添加物が入っている葉酸サプリがあまり適さない理由について

葉酸サプリをネットで検索すると多くのおすすめ葉酸サプリが出てきて、改めて何を選べばいいか悩んでしまう事はありませんか。
とりわけ妊娠計画中や妊娠中の人が摂りいれるのであれば、なおさら慎重に選択したいと思います。
そこでまず添加物の有無を検討してみてはいかがでしょうか。

 

・葉酸サプリの種類は大きく分けて2種類

 

葉酸サプリをタイプ別に分けると、天然成分由来のプテロイルポリグルタミン酸型と化学成分から合成されたプテロイルモノグルタミン酸型という合成の栄養素によるタイプのものに分かれます。
ホウレン草などの食品からとられている天然のタイプの葉酸のメリットとしては、野菜などの食事と同じような感覚で口にする事ができるので安心感をもって飲用できるかもしれません。
合成のタイプの葉酸のメリットとしては吸収率が高く体に必要な一日に必要な葉酸の量が摂りいれられるとされています。
また、胎児の神経管閉鎖障害リスクを減らしたとされる報告もこのタイプの葉酸サプリで挙げられています。

 

・添加物が入っている葉酸サプリはあまり適さない?

 

添加物とは一般的にいって防腐剤や保存料、香料や着色料などが思い浮かぶと思いますが、当然お腹にいる赤ちゃんのことを考慮するならそうした添加物が入っていないものを選びたいと思われるはずです。
しかし、添加物を減らすと当然その消費期限も短くなってしまうかもしれませんし、天然成分やオーガニックにこだわって作られたものはコストの面でも多少の値がはるかもしれません。
昨今、ドラックストア―などでも手軽に色々と選べるようになった葉酸サプリです。
ですが当然どこの製品もそのうたい文句は良い事しか書いていないので成分表などをよく見てなるべく添加物を使用していなくコストパフォーマンスの良い製品を選びましょう。

 

・合成か天然、どちらのタイプの葉酸サプリを選ぶのが正しいか

 

合成タイプ天然タイプと聞くと言葉の感覚として「合成は間違いで天然は100%安全」というような印象をもってしまいがちです。
ですが、そうではなくてどちらにもメリットデミリットがある事を覚えておきましょう。
大切なのはどのような原料を使用しているか、また生産地などを含む原材料そのものの安全性やきちんとした管理のもとでの製造過程、また何よりも含まれている添加物に注意を向けましょう。
どちらも日本の高い基準に沿って製造されているはずです。
ですので、あとは利用者の側で製品の特徴をよく吟味して自分に合っていると思えるものを選ぶのが良いといえるでしょう。