葉酸サプリの妊娠中の摂取は医師も推奨しているほど良いもの?

葉酸サプリの妊娠中について

葉酸サプリについての詳細をご説明します。妊婦さんにとって、ご自分の健康状態はとっても大切のもので、妊娠していない時よりも多少敏感になってしまうかもしれません。

そこで、毎日摂取したいのが、ビタミンB群に属する水溶性ビタミンの葉酸です。
貧血になりがちな妊婦さんにとって大切な血液に関係する成分といえます。

 

葉酸サプリはなぜ妊娠中に良いのか?

 

体内に生命が宿ると必然的に命を支えるための栄養素が、母親の胎内に宿った胎児に運ばれていきます。
特に妊娠中は血液に関係した鉄分などが不足しがちになると考えられていますが、それは赤ちゃんの細胞形成にとても必要な成分だからです。
同様に葉酸サプリも赤ちゃんの細胞を増やすのに重要な役割を果たしていると考えられます。
水に溶けて吸収される水溶性ビタミンB群にあたる葉酸はお腹の中にいる胎児、つまり赤ちゃんにとっても大切なビタミンと言われています。
赤ちゃんの細胞に影響し臓器を形成させるのに不可欠な栄養素で、不足すると胎児にとっても母体にとっても不測の事態が生じてしまうかもしれません。

葉酸ほうれん草

 

妊娠中に摂取する葉酸サプリは医師も推奨している?

 

葉酸は血を作る働きに関係していて、特に妊娠時は貧血になりやすいとされていますので定期的に取り入れていたいと思われるはずです。
また、妊娠前から妊娠初期に一日0.4ミリグラムの葉酸を摂取することで、胎児が発症する神経管閉鎖生涯のリスクを低めることができると考えられているようです。
また、妊娠を望んでいる場合も葉酸をバランスよく積極的に取り入れるならば、妊娠に良い影響があると考えられているようです。
毎日摂取することが大切なので、野菜や果物から取り入れることはもちろんです。
様々な事情で難しい状況があるかも知れませんので、手軽に取れるサプリメントを推奨する医療関係者もいらっしゃるようです。

葉酸サプリは医師も推奨

 

葉酸は胎児の障害を防ぐ

 

葉酸は胎児の発育に欠かせない栄養素と言えます。
妊娠中の体内で葉酸が不足してしまうと、二分脊髄や神経管閉鎖症、貧血や胎盤早期剥離などが発症してしまうかも知れません。
妊娠中にアルコールやタバコが良くないという常識は、誰もが知るに至るところです。
ですが、葉酸が特に妊娠中もしくは妊活中の女性にとって必要不可欠な栄養素であるということも、懐妊中のアルコールやタバコが有害である事と共に知っておきたい常識といえるかも知れません。
自分のお腹の中にいる胎児が健やかに育っていって欲しいことは、母親であるならば当然望まれることだと思います。
そのためにも、母親自身が必要な栄養素を取り入れ、有害なものを避けていきましょう。

葉酸サプリの葉酸ってそもそも何?その役割を再確認してみよう

皆さんは「葉酸サプリ」という言葉は聞いたことがあっても、実際どのような栄養素なのかご存知でしょうか。
イメージ的には緑の葉に含まれる栄養を思い起こされるかもしれません。
確かに葉酸は、緑黄色野菜のホウレン草の葉から発見された事が由来となり、葉酸という名称で呼ばれるようになったようです。
では、改めて葉酸の役割について確認しておきましょう。

 

葉酸サプリの葉酸ってそもそも何?

 

葉酸サプリとは

葉酸は水に溶けるタイプである水溶性ビタミンで、ビタミンB群の一種とされています。

体の代謝に関係しますし発育を促して、遺伝子の情報を担う役割をもつ核酸の合成や細胞分裂、免疫の抗体を生産することにも深く関わっています。
また、血液をつくる働きにも関係するので、摂取を怠ると貧血などにも影響してくると思われます。
体内に蓄えておける成分ではないため、定期的に毎日の食生活などで必要量を摂取できるのが理想とされます。
現代人の不規則で忙しい生活スタイルでは難しいかもしれませんので、サプリメントなどを利用する人も多いようです。

葉酸分子

 

葉酸はなぜ妊娠と関係が深いのか

 

妊娠期間は誰もがより安全に気を配ることでしょう。
妊娠期間中の健康管理に欠かせないのが葉酸といえるかも知れません。
例えば、妊婦が葉酸を摂取している量が十分なら、赤ちゃんは神経管の閉鎖不全が原因の脊椎破裂が起きる可能性は、かなりの割合で下がるという報告が挙げられているようです。
母親が胎児に十分な栄養を供給するためにも、体内に取り入れるものに関して、何が有益で何が有害となるかを知っておくのは生まれてくる子への愛情の表れといえるでしょう。
葉酸や鉄分などを摂取し続けることは、特に妊娠期間中はタバコなどの有害物質を避けるのと同じくらい大切な事といえるかも知れません。

 

葉酸の含まれる食品

 

葉酸が多く含まれている食品として、ホウレン草やブロッコリー、枝豆やカボチャなどに含まれています。
また魚やレバーなどにも含まれていますが、葉酸自体は熱に弱く加熱すると摂取できる葉酸の量が減ってしまうと考えられます。
ですので、緑黄色野菜などはできるだけサラダなどにして食すると良いかもしれません。
また納豆やアボカドなどにも含まれていますし、果物では、イチゴやバナナ、みかん、キウイなど手に取りやすいものばかりです。
ですのでバランスの良い食生活を心掛けて毎日の食生活からなるべく葉酸を取り入れられるようにいたしましょう。
それでも不足しがちな場合はサプリメントを取り入れることもできるかも知れません。

葉酸の含まれる食品

妊娠したらすぐ?いつからいつまで葉酸サプリが必要になるのか

葉酸サプリはいつまでか?

葉酸サプリが妊娠している女性にとって、非常に大切な栄養素であることは皆さんご承知だと思います。

実は妊娠を計画する段階から積極的に取り入れておきたいものであることをご存知でしたか?
女性は妊娠前に、それまで体に取り入れていた有害な物質の影響から脱する必要があります。
それは、受胎後の胎児に十分な栄養を供給するためですが、有害物資を脱し十分な栄養を胎児に供給できるようになるのに、最低4カ月かかると考えられているようです。
それで妊娠前から、妊娠に必要な葉酸をいつから取り入れるべきかを考慮しておく事は賢明な事といえるかも知れません。

 

妊娠を考えている人と葉酸サプリ

 

葉酸は、身近な食物からも摂取することができますが、一日に必要な量などを考えるとやはりサプリメントを活用するのが手短かで簡単ですので、継続しやすいといえるかも知れません。
もし、妊娠活動を考えていて今現在、葉酸を取り入れていないのでしたら、妊娠前の健康管理の一環として今から葉酸サプリを摂取することを考慮してみるのはいかがですか。
女性が妊娠前に、それまで体内に取り入れてきた有害物質の影響から離れて、胎児に栄養を供給できるようになるためには、最低4カ月の期間がかかると言われています。
ですので、妊娠を計画している段階から葉酸サプリを取り始める妊婦もいる様です。

妊婦と葉酸サプリ

 

妊娠に葉酸が良い理由

 

妊娠中の女性は、自分の生命の他にもう一つの命を体内に宿していることは承知の沙汰だと思います。
体内に宿った新しい命は、細胞や骨などを形成していく上で、十分な栄養素を必要としており、それを取り入れて一生懸命に生きていこうとしています。
例えば、妊婦が葉酸を十分に摂取しているなら、赤ちゃんが神経管の閉鎖不全から脊椎披裂を起こす率が、大幅に下がると考えられているようです。
体内にいる胎児の神経管が閉じるのは受胎後24日から28日と言われています。
多くの女性が妊娠に気づいた時よりもだいぶ前の時点で起きるので、そうした事を考慮する人は計画の段階から葉酸を積極的に取り入れるようにされている様です。

 

いつまで葉酸サプリを取り続けるべきか?

 

葉酸は基本的にいって様々な人に必要不可欠な栄養素といえますので、妊娠の有無にかかわらず、継続的に何かしらの方法で摂取し続けたい栄養素といえます。
妊娠中、授乳中はもちろんですが、子どもが成長してからも取り入れていくことが良いでしょう。
心臓病や動脈硬化の予防、細胞再生の促進や貧血の予防など、様々なメリットがあると思われます。

葉酸サプリ摂取量について。摂取したい葉酸の量はどれくらい?

妊娠をすると、今まで気にせずに口に入れていた食べ物に注意を払うようになります。
例えば、コーヒーやアルコールを控えたり、いつも以上に鉄分などを意識して取るようになったりします。
葉酸という名の栄養素も、もしかしたら妊娠をきっかけに意識して摂取しておられる妊婦さんがいるかもしれません。
葉酸がなぜ妊婦の体に必要なのか、摂取したい葉酸の量はどれくらいなのか、葉酸サプリの摂取量についてここでは考慮してみたいと思います。

 

妊娠中はとなぜ葉酸を積極的に取り入れるべきか

 

葉酸サプリの摂取量

葉酸は血液をつくることに関係していて、不足すると貧血気味になるといわれています。

また、妊娠前や妊娠初期に葉酸を必要量摂取するならば、胎児の神経管の閉鎖障害を発症するリスクを下げることができると考えられているようです。
妊娠中のみに限らず、妊娠を望まれる女性も含めて、葉酸は一日0.4mgの量が推奨されています。
この量は、日常生活の中でかなりの割合で野菜中心の食生活を心掛けておく必要があります。
例えば、葉酸という語彙の由来となったとされるホウレン草のお浸しは、100g中110μgの含有量といわれています。
その点を考えると、手軽に取り入れられるサプリメントは有益といえるかもしれません。

 

葉酸が含まれている食品とはどのようなものがあるか

 

葉酸はビタミンB群の一種とされる水溶性ビタミンで、緑黄色野菜や、果物、またキノコや貝類など、日頃から比較的身近に食卓に並んでいる食材に含まれています。
今までも意識をせずに取り入れていたかもしれません。
しかし、葉酸の一つの特徴として体内に蓄えておく事ができません。
ですので、一度にたくさん食べてしばらく大丈夫というわけにはいかず、毎日欠かさずに必要量を取り入れる必要が有ります。
バランスの良い食事と、足りない分を葉酸サプリで補うかたちで葉酸を取り入れていくことが大切です。

 

摂取したい葉酸サプリの量はどれくらい?

 

一般的に、妊娠していない男女の葉酸の摂取する必要量は0.2mg、妊娠している女性や妊娠を計画している女性の場合は0.4mgとか480μgともいわれています。
ホウレン草にすると約2束の量を摂取する必要があるといえます。
サプリメントとして販売されている多くの製品が、一日に必要な400μgをクリアしています。
ですので栄養バランスを考えた食事と、葉酸サプリを毎日欠かさずに取り入れることで、健康な母体と胎児の発育を心掛けるように致しましょう。

どんな葉酸サプリが良いの?最低限満たしておきたい条件とは

妊娠中の母体や胎児のことを考えると、体に取り入れるものは極力慎重に選択したいと思われることでしょう。
特に、妊活妊娠中の女性が必要不可欠とされている葉酸サプリメントは安全で安心できるものを購入したいはずです。
たくさん見かける葉酸サプリの中でどのようなものが本当に良いのか、最低限満たしておきたい条件などはあるのかなどを今回は取りあげてみます。

妊娠と葉酸の関係


妊娠計画中の段階から妊娠初期にかけて、母親となる女性の体の中では胎児が成長する過程として細胞分裂が活発になされています。
その際に必要となってくる成分の一つが葉酸で、通常の2倍以上の消費量といわれています。
そのため、妊娠中もしくは妊娠計画中の母体は通常時よりも、より意識して葉酸を取り入れる必要が生じてきます。
もし、体内で葉酸が欠乏状態だったり不足してしまうと、胎児の細胞の増殖や分裂がうまくいかずに神経管が障害を発症するリスクが生じてしまうかもしれないとされています。

どのような葉酸サプリが良いのか

母親が何を体内に取り入れるかに関しては、当然ですが母体にいる胎児は意見を述べたり選択をしたりできません。
しかし、母体が体内に取り入れるものの影響は、胎児にとって過少評価できないのが事実です。
ですから、せっかく胎児のことを考えて取り入れる葉酸サプリに関しても、きちんと調べて慎重に選びたいものです。
例えば、保存料や香料などの添加物が含まれているかどうかに関していうなら、胎児への影響を考えると、なるべく無添加の製品を選びたいと思います。
また葉酸サプリを大きく2つに分けると、天然成分由来のものと化学成分から合成されたものとに分かれます。
この場合は天然成分由来のものを、母体への負担や胎児への安全性を考えても選択したいと思われるでしょう。

最低限満たしておきたい葉酸サプリの条件とは

昨今の事情を考慮するならば、原材料の安全性をきちんと強調している製品を選びましょう。
残念なことですが、国産の野菜や果物を原料として製造されている葉酸サプリメントでも、放射能の影響を懸念する必要があるのが現状です。
良心的な会社の製品であれば、原料をきちんと検査して安全であること証明していることでしょう。
天然成分で化学合成添加物不使用、放射能や農薬の有無をきちんとしているかどうか?
また一日あたりに必要な葉酸の含有量(400μg)がきちんと含まれているかどうか?
最低でもこうした点は購入時にきちんと調べてから購入いたしましょう。